剣道なみあし独行道

小手抜き面に対して返し胴こてぬきめんにたいしてかえしどう

概要

名前が長過ぎて何のこっちゃ?となっているでしょう。どの本にも紹介されていませんしね。
こちらが小手を打ったところを相手が抜いて面を打つ。普通ならここで面を打たれて一本。しかしなみあしならば、そこから奥があるのです。
打ち下ろされる面に合わせて返し胴を打つのです。

技の順序

小手-胴、返し胴を修得しているならば難しいことではありません。

技のコツ

上記の通り、小手-胴と返し胴の合わせ技です。
返し胴は剣道形のように左足前で打ちます。
右足荷重剣道だと抜かれたら、抜かれっぱなしになり、胴に行くことができません。なみあしならではの技です。
小手打ちで相手の面打ちを誘うと考えれば、後は只の返し胴ですので、一度意識できれば案外簡単な技です。

練習法と注意点

動作よりも意識と視力の方が問題かもしれません。

裏技を研究しよう

このような、ある技を破る技を裏技と言います。普通の応じ技も仕掛け技に対する一次の裏技とも言えます。
応じ技を勉強する剣士も多いですが、何事も裏があるのです。昔からの教えである『三つの許さぬところ』の一つに、「相手の打つところ」があります。応じ技が成功した!と思ったところにこそ隙が生じるのです。
もし裏技を極められたら、どこに隙があったのか研究するとともに、裏技を破る二次の裏技を考えましょう。そうすることで技が発達するのです。
皆様も裏技をよくご研究ください。

実践動画

Coming soon...

派生技

能々稽古あるべし

目次に戻る